【第117期講座】2018年03月-2018年07月




思い込みが強いと認識していて、それは良くない事だと思っていたのですが、そういう事ではないという事に気付きました!自分を客観的に見てどう思うのか意識してみようと思います。自己犠牲や八方美人にならない程度に。当たり前と思わないことを大切に感謝の気持ちを持っていこうと思います。ありがとうございました。(40代 会社員)

アンコンシャスバイアスについて、あることが悪いのではなく、自分にもあるかもしれないと意識すること、気づくことが半径数メートルの人達は勿論、様々な場面で関わる人々との良い関係性をつくることにつながると再確認しました。コミュニケーションの基本姿勢を改めて考える機会になりました。(40代 会社員)

いろいろ気付きのある講演でした。「他者貢献」によって信頼関係ができていくのだと分かりました。「あたりまえ」だと思わず、一緒に働いているメンバーや家族や大切な人にいつも「ありがとう」と感謝したいと思いました。(40代 会社員)

自分自身をよく考えることが大切だと思いました。周囲にどんな影響を与えているのか?そう思うことで違う視点や気づきが得られると感じました。少しでもこちらから歩み寄る姿勢があれば関係が変化すると思いました。快・不快が自分に向きがちでしたが相手から見てどうするか、どう見えるかが必要だと感じました。とても楽しく学べました。ありがとうございました。(50代 社労士)