【第116期講座】2017年09月-2018年01月




大好きな銀座の街の知らなかった姿、生体を知ることができて楽しかったです。下町っぽい職商人、銀座の街の住人たちの想いを知り、”ギンザフィルター”側にいる自分も、銀座に恥ずかしくない人でいたいと感じました。街づくりの一員として。(40代 女性)

何気ない会話の中に先達の金言が散りばめられていて、とても興味をひかれました。映画や本が楽しみです。また、銀座から世界へ日本の素晴らしいものが発信されるという言葉にも、心に深く感じるものがありました。(30代 女性)

銀座のイメージは、高級感漂うイメージが大半でしたが実は、下町っぽい街であり、非常に人情的な街であるのには驚きました。昭和のオリンピックを境に住む街から通う街になり、平成の2020年オリンピック後に銀座がどう変化していくのかに非常に興味を持ちました。銀座にしかないオリジナリティ、独自性、サービスがないと商売していくのは難しい事、「国際的とは人として同じマネをしない事」を自身のビジネスにも照らし合わせて常に自身のオリジナリティを持った仕事ができるよう早速、明日から実践していきたいと思います。(40代 男性)

銀座という街に対する熱い思いを聞かせていただき非常に有意義な時間でした。銀座のオリジナリティ、人情味が大きな要素になっていると思います。海外ブランド、百貨店が次々と進出してきても、銀座のオリジナリティ、人情は決して無くなってほしくないと感じています。映画の公開が非常に楽しみです。(30代 男性)