定期講座

【第108期講座】2012年10月-2013年03月


西成 活裕 のプロフィール


東京大学先端科学技術研究センター教授
NPO法人日本国際ムダどり学会会長

1967年東京都生まれ。
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。
山形大、龍谷大、ドイツのケルン大学理論物理学研究所を経て2009年より現職。
専門は数理物理学。
様々な渋滞を分野横断的に研究する「渋滞学」を提唱し、著書「渋滞学」(新潮選書)は講談社科学出版賞などを受賞。
国際学会誌に論文を多数発表。一般向け著作も10を超える。
内閣府イノベーション国際共同研究座長、内閣府IT戦略本部ITSタスクフォース委員、日本学術振興会日米先端科学シンポジウム委員などを務める。
また、日本テレビ「世界一受けたい授業!」など多くのテレビ、ラジオ、新聞などのメディアでも活躍中。
趣味としてオペラアリアを歌い、小椋佳作詞作曲の「ムダとりの歌」のCDも発売される。

定期講座の内容

演題 西成流「仕事の渋滞解消法」
-デキる人は思考体力を鍛えている- 「渋滞学」「無駄学」を提唱した東大人気教授に学ぶ
開催日 2012年12月19日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート